•  >
  •  >
  • 【おすすめ製品】 アメリカ生まれのHACCP対応ブラシ カーライル清掃用ブラシ

最新情報

【おすすめ製品】 アメリカ生まれのHACCP対応ブラシ カーライル清掃用ブラシ

2016/04/08

厚生労働省が食の国際基準「HACCP」を義務化へ                              


HACCPHazard Analysis and Critical Control Point)とは
食品の製造、加工工程のあらゆる段階で発生する恐れのある微生物汚染などの危害をあらかじめ分析(Hazard Analysis)し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという重要管理点(Critical Control Point)を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する、衛生管理の手法です。
この手法は国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機構(WHO)の合同機関である食品規格(コーデック)委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。
(厚生労働省ホームページ HACCPとは?より)

欧米などの先進国では、すでにHACCPの義務化が進んでおり、日本でも2020年の東京オリンピックに向け、今後さらなる普及が求められます。


■カラーコーディング

【食品工場でのカラーコーディング導入例】

【食材ごとのカラーコーディングの例】



  HACCPの特徴のひとつとして、「カラーコーディング」
  での現場管理があります。
  食品製造の各工程において清掃用品を色分け
  (カラーコーディング)することにより、用具の移動による
  汚染の拡大を防ぎます。








HACCPは、アメリカの宇宙開発計画から生まれた基準であり、アメリカ合衆国農務省とアメリカ食品医薬品局が、食品業界の各分野において義務化したのが、世界への普及の始まりです。
 



酪農乳業向け洗浄用品の専門メーカーとして1908年にアメリカウィスコンシン州に誕生したカーライルスパルタブラシは、長年の経験と実績を積み重ね、今日では食品産業の広範なニーズに対応する高品質で幅広い食品産業用ブラシの開発と供給を続けています。

カーライルのブラシの中でもっともスタンダードな「カッティングボードブラシ」は、パンや惣菜を扱う食品小売業界や、レストランチェーンなどの衛生管理に、お使いいただいています。

  【カッティングボードブラシ】   品番:40521   >>詳細はこちら

  
  








他にも、工場の現場作業で油が付着した手を洗う「ネイルブラシ」や、機械から出る切子の清掃に便利な「フロアスウィープ」など、食品業界向けの製品だけでなく、自動車業界をはじめとした幅広い業界でお使いいただける多数の製品をご用意しています。

  【ネイルブラシ】                     【フロアスウィープ】










  品番:4002000                       品番:45014
  >>詳細はこちら                   >>詳細はこちら


そのほかにも、多数の製品を取り揃えています。
カタログやサンプルのご要望、製品に関するご質問など、お気軽に弊社までお問い合わせください。
   
  カタログ請求/お問い合わせ


>>カーライル サニタリーメンテナンス製品カタログはこちらからダウンロードページ





















>>2016年の新製品はこちら (PDF形式 ファイルサイズ:1,396KB)






















 

カーライル清掃用ブラシ お試しキャンペーン実施中!!            
期間限定:2016年6月30日まで

>>キャンペーンの詳細はこちら  (PDF形式 ファイルサイズ:710KB)


  ただ今弊社では、期間限定でお試しキャンペーンを
  実施中です。
  この機会にぜひカーライルの清掃用ブラシを
  お試しください。






















 

アーカイブ