•  >
  •  >
  • 【今月の情報】 作業現場での安全性向上、どのようにしていますか?

最新情報

【今月の情報】 作業現場での安全性向上、どのようにしていますか?

2017/04/17

4月から新年度となった企業様も多いかと存じます。
この時期には、教育や研修の機会が増えるため、現場の安全性について見直す良いタイミングです。
ISOをはじめとした安全基準に関する認証の更新などにあたって、安全対策を検討されている皆様も多いのではないでしょうか。

自社製品の安全に関しての点検や対策は十分かと思いますが、製品を取り巻く環境の安全性は、どのように確保されていますか?
弊社ではお客様の現場環境にあわせた幅広い製品ラインナップを取りそろえています。

例えば、液体の漏洩対策 としまして、それぞれの段階に適した製品をご提案しています。

 ● 吸収する     
        ● せき止める         元を絶つ

  






 

吸収する : 漏洩対策キットを設置して、万が一に備えましょう!
漏洩対策キット
  
  




  油・液体用
 >>詳細はこちら

 油専用
 >>詳細はこちら

 
  
液体危険物用
  >>詳細はこちら




※キットごとに油・液体用、油専用、液体危険物用の3タイプをご用意しています。

せき止める : 漏洩した液体のせき止め、液体漏れが発生しがちな場所に!
スピルブロッカー
  
  ブロッカー
  >>詳細はこちら





元を絶つ  
: 液体漏れや液体垂れを元から防ぎます!
ファンネル


    ファンネル
    >>詳細はこちら




弊社では、「危険がどこにひそんでいるか分からない」、「安全対策で不足しているところを見つけてほしい」といったご要望に応じて、現場での安全対策のアドバイスをさせていただく現地調査(サイトサーベイ)を実施しています。

詳しくは弊社営業、もしくは下記フォームにてお問い合わせください!

アーカイブ