•  >
  •  >
  • 【赤丸急上昇!製品紹介】 火災予防に! 耐火キャビネット「セーフティキャビネット」

最新情報

【赤丸急上昇!製品紹介】 火災予防に! 耐火キャビネット「セーフティキャビネット」

2011/11/28

引火性の液体を扱う作業は日常的になっていますが、もう一度、その保管方法を見直してみてはいかがでしょう。

揮発性液体を安全に保管することにより、火災のリスクを減らし、作業者と施設を守ります。

ジャストライトの「セーフティキャビネット」は、揮発性・引火性の液体を安全に取り扱うために開発された保管庫です。米国工業会で防火対策として最も一般的に受け入れられている「FM規格」に合格しています。


「セーフティキャビネット」を作業現場に設置し、揮発性液体を管理することにより、作業効率が上がります。


 >>セーフティキャビネットの製品一覧はこちら 



●万が一、火災が起こった場合・・・
「セーフティキャビネット」は2重の壁面構造で内部温度が高くなりにくく、外部からの熱や火を効果的に遮断します。火災を想定したテストにおいて、10分後でもキャビネット内部は163℃未満を維持します。


住宅で火災が発生すると、通常、室内温度は火災発生5~10分程度で500℃に達します。さらにフラッシュオーバーと呼ばれる現象が起こると、瞬く間に室内温度は1000℃にまで達します。











●FM規格

 米国に拠点をおく損害保険会社「FM Global社」を中心に立ち
 あげた、米国における最も一般的な火災防止に関する認証規格
 です。火災が発生するとたいへん大きな被害、損害を被る可能性
 があります。FM承認品はこれら損害保険会社が推奨する規格で
 あり、防火に対し製品に求められる要求は高く、FM規格品は防火
 に対する高度な安全性と品質を示しています。米国をはじめ、
 欧州、アジアで幅広く受け入れられている規格であり、日本でも
 関心が高まっています。



●静電対策

 セーフティキャビネットの側面から、アースをつなげる
 ことができ、静電気、放電によるリスクを軽減します。

 また、通常のキャビネットの棚板は塗装されているた
 め絶縁してしまいますが、「セーフティキャビネット
 の棚板や棚板を支えるツメは塗装されておらず、
 棚板から導電します。

 ※アースコードは製品に含まれていません。












●セーフティキャビネット 概要



>>セーフティキャビネットの製品一覧はこちら 
 

アーカイブ