スタッフが早期退職してしまう悩みを解決

スタッフの定着率の低さによる人手不足


コロナの規制緩和によって、一時期に減少していた企業の人手不足の割合も、経済活動とともに回復し、それにともない正社員の人手不足の割合も増加しています。
人手不足を補うために採用に力を入れ、スタッフを採用・補充しても定着しないと人手不足は解消されず、離職が繰り返されるたびに、企業の負担は大きくなってしまいます。

 

 

 

 

その①:スタッフはなぜ辞めてしまうのか?


第二新卒を対象とした調査では、「人間関係が良くなかった」「社風が合わなかった」が、労働時間の長さやワークライフバランスと並ぶ上位の理由として挙げられています。

 

 

 

その②:退職者が次の職場に求めること


調査によると〈働く上で重視すること〉は、「人間関係が良いこと」と「経営理念・企業のビジョン・社風」は、入社前より入社後の方が重視される傾向にあります。

 

 

 

 

 

プロセス・コミュニケーションを見直して、離職率を下げよう!


〈人間関係は面接の時から始まっています〉

スタッフの離職率を下げる準備は面接の段階から始まっています。面接は、長く続けてくれるスタッフとの関係を作るための非常に重要な導入部です。

 

〈トレーニング(オリエンテーション)に力を〉

働くイメージを持ってもらうことは大切です。入社時にすぐに業務を開始するのではなく、職場を案内したり、既存のスタッフと顔を合わせたりする機会を設け、社内の雰囲気を知ってもらいましょう。

また、仕事の内容をまとめた教材(OJTマニュアル)も準備できると、業務の不安を緩和できます。

 

 

〈スタッフとのコミュニケーションを見直す〉

スタッフとの信頼関係を作るうえで大切なことは、普段から「スタッフのことを見ていますか?」「話をしていますか?」ということです。
細やかにコミュニケーションをとることで、普段は気が付かないスタッフが抱える不満が見えてきます。
業務に不安や悩みがあった場合でも、普段から気にすることで相談がしやすくなり、離職率を下げることができるでしょう。

 

 

 

 

「スタッフが早期退職してしまう悩みを解決」を

詳しくまとめたホワイトペーパーを〈イプロス〉で公開中です!

ぜひ、人手不足、スタッフの離職対策にご活用ください!


 

●イプロス/スタッフが早期退職してしまう悩みを解決(14ページ)

スタッフが早期退職してしまうお悩みを解決【ホワイトペーパー配布】 技術資料・事例集 | カタログ | エー・エム・プロダクツ – Powered by イプロス (ipros.jp)